体臭の治療法について

日本人は、他の国の人々よりも、においに関して敏感だといいます。もともと、体臭が強い民族ではなのですが、夏には必ず制汗剤を使用しますし、入浴を欠かすこともありません。

ミラドライ

しかし、それでも自分の体臭が気になってしかたがないという人は、適切な対処をしてあげましょう。体臭の治療法としては、大きく分けて三つの方法があります。生活習慣の見直し、衛生面での注意、そして最後の方法としては医師に相談することです。
生活習慣の見直しは、体臭の予防としても非常に重要なことです。食生活においては、なるべく栄養バランスのよい食事を取るようにして、特に食物繊維の豊富な野菜を多く食べるように心がけましょう。また徹夜や夜更かしを避け、きちんと入浴し、質のよい睡眠をとるように改善する必要があります。

難病情報センター | 神経皮膚疾患分野 原発性局所多汗症(平成22年度)


また、汗をかいたらこまめに拭い、できることならシャワーを軽く浴びればさらに良いです。汗は放置しておくと、皮膚表面の常在菌と反応して、悪臭を出す雑菌になります。とにかく汗をかいたら、すぐに拭くというクセを身につけておきましょう。衣服も吸湿性のある自然の素材のものを選ぶように意識します。

Abstract

これらのことを心がけても、体臭が改善しないのであれば、あらためて医師に相談しましょう。肝機能の疾病によっても悪臭は発生しますし、遺伝的なワキガである場合には、生活習慣を見直すだけで、体臭を無くすことは難しいです。ワキガであるのなら、その独特な臭気はアポクリン汗腺から分泌される体液が原因になり、制汗剤や臭い消しではその場しのぎにしかなりません。もし、重度のワキガであるのなら、医師に相談の上で手術も視野に入れることになります。もっともよくおこなわれている術法としては、わきの下を切開し、メスやハサミで皮膚をアポクリン汗腺ごと切除する方法です。最近では脂肪吸引や超音波メスなどを使用する術法もあります。

いずれにせよ、体臭は非常にデリケートな問題です。もし、あなたが何らかの理由で悩んでいるのであれば、恥ずかしいなどという気持ちを捨てて、きちんと専門家に相談することです。ひとりで思い悩んでいる時間こそ無駄ですし、よけいなストレスを溜め込むことにもなります。