エコカーは地球にやさしいか

一時期、「エコカー」という言葉が流行した時期がありました。エコカー減税などが導入された年のことです。エコカーとはどういうものか、なぜ推奨されるのか、今一度、きちんと理解しておく必要があります。

廃車 手続き

我々が生活する社会は、エネルギーのほとんどを石油などの、「化石燃料」と呼ばれるものに寄っています。しかし現在の世界ではそれらが大量に消費され、石油の生産量が減り始める時期に、社会が対応できないと考えられてます。そのため、少量のガソリンで走る車や石油以外のエネルギーを利用した自動車を作り始めたのです。限りある資源を、有効に使うためと考えればよいでしょうか。

 原付バイク 登録・廃車の諸手続き | 神奈川県 平塚市

また、従来の自動車に比較すると、ガソリンを使うタイプのものであっても、二酸化炭素の排出量が大幅に削減されます。他にはガソリンを使わず電気の力で走行するものもあります。この場合は無公害車と呼ばれ、まったく温室効果ガスを排出しません。環境保全の観点からも、エコカーは強く推奨されています。

軽自動車税 - くらしのガイド | 仙台市

さて、これら理由を聞けば、非常に大きく頷けると思います。有限なエネルギーを大切に使用するという目的と環境保全のためという、地球にとって大変重要なふたつの事情があるわけですから。

さて、そのエコカーですが、「本当にエコなのか?」と疑問を呈する人たちもいます。その理由は、エコカーを製造するために使うエネルギーが非常に大きいためです。多少燃費が悪くとも、使い方を改善すれば、そちらのほうがずっとエコだとも思えます。また、エコカーと声高に推奨しても、実際のところは、従来の自動車との比較だけでそう呼んでいるだけという見方もあります。

確かに現在開発されているエコカーは、燃料となるエネルギーに対しては配慮されているのでしょう。しかし、現実的には製造にかかるエネルギーを考慮にいれた場合、また、十分使用に耐える従来車をお持ちの場合には、慎重に検討する必要があるでしょう。